Every day is unrealistic

ゲームやったりネットゲームやったりなAirlloでPinkeyが綴る日常混ざりな日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ClubN2C ニコニコクラブ

29a81896f69377b3a293f448fb485e9c_convert_20101020195519.jpg

めでたくCounter-Strike Counter-StrikeOnline playerになりましたAirlloです。

この前ニコニコクラブ(以下N2C)様の方で紅白をやらせてもらったので感想でも。

≫ Read More

スポンサーサイト

| CS1.6 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

demo player

2010y07m11d_170137111.jpg

      どうも、最近クラン戦やる前にちょっと昼寝すると朝、Airlloです。

      最近自分もdemoを見るようになりましてそのdemo player紹介。

≫ Read More

| CS1.6 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心構え

XrayN,Twist両氏のブログ"ぬるま湯"にてアサルターの心構えがのっていて、凄く良い事が

書いてあったのでのせてみました。これが出来るだけで撃ち合いでも勝率が上がるはず。

基礎、基本として受け止めてみるといいかもしれません。


■その一:しゃがむな、走るな、しっかり止まれ
初心者や中級者はとにかく止まるという動作になれていない。確実に止まれるよう何度も繰り返しストッピングの動作を練習して指に覚えさせよう。敵を視認したらとりあえず左クリックを押してしまう気持ちはよくわかる。しかし確実に照準を相手に合わせた上で止まっていなければ弾は真っ直ぐ飛んでくれないのだ。いっそ撃ち負けてもいいからしっかり止まって撃つというぐらいの気持ちで戦うといいだろう。逆にそれが功を奏す場合すらあるだろう。

■その二:AWPerにはピークを使ってミスを誘発させろ
近距離ならともかく、中遠距離で出待ちしているAWPerと対峙すると圧倒的にアサルターの方が不利である。こういう時はピークやピークジャンプを上手く使おう。完璧なピークは世界のトッププロでもそう簡単に当てるこの出来ない。壁に隣接して左右に体を振って出たり隠れたりを繰り返し、敵のミスを誘おう。相手が外せばアドバンテージはこちらに移る。コッキング、もしくはピストルに武器を切り替えているところを狙い撃ちにしてしまえばいい。外してもすぐ隠れる事の出来る有利ポジションで待機している腐れAWPerには、ピークでミスを誘った直後にFBをお見舞いしてやるといいだろう。

■その三:スプレー(連射)は限られた状況以外で使うな
今現在CSOは勿論、1.6でも糞鯖だらけのためLANのような本来のぶれ方をしてくれない。その上昔とは違い、大半のプレイヤーは液晶モニターを使用しているのでリフレッシュレートが60hz~75hzだ。これではどれだけ練習しても完璧なリコイルコントロールは望めないだろう。スプレーは至近距離~近距離までに留めておき、中距離は2~3点バースト、遠距離は単発か2点バーストで戦うのが理想的だ。

■その四:敵のリズムを読め
ある程度実力があるプレイヤーは遠距離で敵と遭遇した場合、一定のリズムで左右に体を振りながら単発やバーストで応戦してくるだろう。直立したまま単発やバーストを敵が倒れるまで延々と繰り返すプレイヤーなどまず見かけない。敵が発砲した直後、相手は必ず右か左に数歩動いて立ち止まり再び発砲してくる。この時敵が移動する方向と歩幅を予想してAIMするとドンピシャでヘッドショットが出やすくなるだろう。

■その五:すぐに隠れる事の出来る障害物の近くで戦え
攻めなければならないTは別として、CTでは常に敵が攻めてきてもすぐに隠れる事のできる場所で戦いたい。どれだけ上手いプレイヤーでも数人以上の敵が一斉に押し寄せると捌ききるのは相当難しい。そういう状況下で敵を捌ききるにはスプレーによるマルチキルが理想ではあるが、糞鯖仕様のCSOでは自分と敵に相当な実力差がなければ難しいだろう。そこで障害物を使って身を潜め、FBを投げたり、人海戦術による敵のアドバンテージを少しでも低くしよう。また、不意のFBに対処できずにブラインドになっても障害物に身を潜めれば生存できる可能性がグっとあがるだろう。

■その六:移動はなるべくストレイフ(横移動)のみですませろ
CS で最も不利な状態は前移動をしている時だ。敵に出待ちされていたり、横移動している敵と前移動や前方斜め移動をしている時に出会うと高い確率で先に視認される上に、ヒットボックスが広くなる。また、斜め移動は上級者でもストッピングに失敗する事があるほど止まるのが難しい。敵が潜んでいそうな場所や、遭遇しそうなポイントに近づいたらなるべく移動はストレイフですませ、前進はウォークを使おう。前方に真っ直ぐ駆け抜けたり、斜め移動するのは高速で移動する必要がある時だけにしよう。

■その七:決め撃ちを極めろ
ここ数年で決め撃ちはかなり進歩を遂げ、今では上級プレイヤーになくてはならない小技の一つとなった。決め撃ちとは文字通り、敵が潜んでいると予想される有利ポジションに予め狙いをつけ、ストレイフしながらそのポイントに敵がいようがいまいがお構いなく単発や2~3点バーストを発砲し、また発砲と同時に自分が飛び出た壁に退避するという技術だ。決め撃ちを高いレベルで習得しているプレイヤーにやられると、自分が有利ポジションにいても敵が見えた瞬間に死ぬ。スカウトの役割を任された際などに高い効果を発揮するが、必ず音が出るため自分のいる位置を敵に知らせてしまうという弱点もある。

■その八:壁抜きを駆使しろ
CS において壁抜きはかなり有効な技術であり、的確に撃てるプレイヤーは相対するプレイヤーにとっては恐怖の対象ともなりうるだろう。壁抜きはFBと同じぐらいの知識量があり網羅するにはそれ相応の努力が必要だが、シンプルな壁抜きはその対象外である。例えばnukeのAサイトの真ん中にある繋がっている二つの木箱、これをシャッター側から抜くのは知識は必要ない。必要なのは箱の向こうにいる敵をイメージする想像力だ。この想像力は前回の十の心得-初心者編-で記したその五に基づいた訓練で養うことができるだろう。移動の途中に少し気になる場所や、クリアリングが億劫なスポットがあったら1~2発程度単発で撃ってみて音を聴いてみよう。もし敵にあたれば「うっ」という呻く声が聞こえるだろう。

■その九:常に右壁の法則に従って動け
CSには「右壁の法則」というものがある。単純な法則で、「自分から見て最も近い壁(もしくは障害物)が右側にあるなら有利、左側にあるなら不利」というものだ。右壁越しにいるプレイヤーは左壁越しのプレイヤーをコンマ何秒早く視認できる上に、しゃがんでいるとある程度体を出さなければ頭が隠れた状態になるからだ。例外の除いて、CSにおいて有利ポジションと言われる場所は必ず右壁越しに敵を出待ちできるスポットである。また、自分と敵との間にいくつもの障害物があって一体どっちが有利なのかわからなく初心者もいるだろうが、混乱しないでほしい。「自分と敵との間に幾つ障害物があっても関係ない。自分から見て最も近い壁、もしくは障害物だ。」右壁vs右壁の場合は互いのアドバンテージが相殺されてイーブンになる。同様に左壁vs左壁もイーブンとなる。

■その十:ヘッドショットが全てではない事を忘れるな
日本のCSプレイヤーはAIM至上主義者が多いのでやたらとヘッドを狙いたがる。勿論それもプレイスタイルの一つだ。とやかく言うつもりはない。それにヘッドショットはCSの華と言っていいだろう。AKで初弾からヘッドに当てれば相手は即死し、後続に対しても素早く対処でき、格好がいいし、理にもかなっている。しかし見ての通り、頭はとても小さい。最初から体(上半身辺り)を狙っていった方がヘッドを狙っている敵よりも早く銃弾を当てれる状況下もあるのだ。「けど先に体に撃たれても後々頭にぶち込めば一発逆転じゃん?」と思った人もいるだろう。それは事実だが、CSでは体に銃弾を受けると照準がぶれるのだ。ブラジルやアメリカのプレイヤーなどはこの特性を利用して最初から体を狙っているプレイヤーも多くいる。また、現スウェーデン最強クランといわれる Fnaticのプレイヤー達は速攻で体に一発当てて敵の動きを止め、そのままスプレーに切り替えてリコイルコントロールで敵を仕留めるという特殊な撃ち方をする事が多い。勿論一長一短なので、どちらが優れているとはいえないが自分にあった撃ち方を模索する一つの鍵となる事には違いないだろう。

【蛇足】
Clumsyのオフ会がゴールデンウィークにまたあるんだって!(笑)

また、神戸らしいです、今回は人数も増えるとか・・・自分も参加します三

| CS1.6 | 21:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

fnatic gui

クランfnaticをイメージとしたGUIがリリースされたようです。以下Negitaku転載

100315-fnatic_gui_s.jpg 100315-cfgmenu_s.jpg

■特徴
・ESL に承認された競技 Counter-Strike 向けセッティング

・ゲーム内 VGUI から FnaticMSI プレーヤーの config を簡単に適用可能

・32 ビットカラー固定

・FnaticMSI Counter-Strike 1.6 GUIFnaticMSI Counter-Strike 1.6チームの
 config 同梱
o cArn
o dsn
o f0rest
o GeT_RiGhT
o threat

・de_tuscan および Fnatic 選手が練習で使用する aimmap 同梱
o aim_ak_map.bsp
o aim_glock.bsp
o aim_glocker.bsp
o aim_map_usp.bsp
o de_tuscan.bsp

・3 種類の解像度をサポート
o 640x480
o 800x600
o 1024x768

・Fnaticロゴスプレー同梱 ↓実物
2010y03m16d_231031031.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------
実際導入してみましたが、かなりカッコイイと思いました。オリジナルのfnaticスプレーも

使用できるようになっています。見た目だけでなくfnatic選手のconfigも簡単に変えれるよ

うなのでプロゲーマーの環境も試せて参考に出来るかもしれません。見た目も良いですが、

実用性十分にあるので皆さんもこの機会にfnaticGUIを導入してみてはいかがでしょうか?

| CS1.6 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大江戸デスマッチ☆

de_tuscan0000.jpgde_inferno0026.jpg

どうも、こんばんわ最近1.6をやりだしているAirlloです。上達の意味でよく大江戸DMに

行かせてもらってます。噂通りレベルは相当高いですね・・・・もうボコボコになってます。

CSOのデスマッチで俺TUEEEEEEEEEEEまさに井の中の蛙です!少しずつですけど、

成績も上がってきてます。大江戸にいる方はHS率が凄いですね∑(*゚ェ゚*)顔出したら

すぐに頭に当てられます。CSOよりは当たりやすい気がしますけどあそこまで当てれる

とは流石本家と言ったところです。CSO来てチーター言われるのも分からなくもない・・・・

今はK>Dが精いっぱいですけど、目標としては2倍K>Dを目指して大江戸やっていきます。

初心者だけど大江戸鯖で会ったら優しくしてね♪ってことで明日B入試です。おやすみなさい!

| CS1.6 | 21:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。